1. 高純度化学研究所
  2. 製品案内
  3. 装置販売
  4. 恒温槽

日本テスコ社製 マルチファンクション恒温槽
NTサーモシリーズ

NT Thermostatic chamber

「用途を選ばない」、「革新的な機能」
様々なシーンに応えるオールインワン恒温槽

広温度範囲: -190℃ ~ 600℃
高電圧対応: ~ ±4000DCV
振動低減設計: ±25mG  ±15μm

日本テスコ社のマルチファンクション恒温槽(NTサーモシリーズ)は冷凍機・加熱機構を内蔵し、お客様のご要望に合わせて温度範囲、槽内サイズをご提案することが可能です。また、オプションにより高電圧印加、低振動といった環境にも対応できます。セラミックスコンデンサーやインダクター、MLCC、非線形材料等の電子材料、電子部品の試験環境制御システムとして実績がございます。ご不明な点がございましたら、弊社までご連絡ください。

広い温度範囲を実現

-190 ℃から600 ℃までを一つの恒温槽で実現しました。従来の環境試験器の様に手動で、或いはワークを移動して切り替える必要がなく、連続した温度環境下での各種環境負荷試験が可能です。

槽内の熱移動シミュレーション

試料固定冶具を槽内に設置した際の影響について、槽内の温度分布をモデル化します。また、槽内サイズを変更するオーダーメイドの際には、弊社にて有限要素解析を行い槽内の温度分布を最適にします。

槽内の気流解析

炉内温度分布の一例

試料固定治具と前面扉のカスタマイズが可能

お客様の試験内容・条件に合わせ、槽内試料固定冶具や前面扉の配線を含めた設計が可能です。LCR計測、抵抗計測、高電圧計測といった様々な要望に対応し、ご希望の物性値計測が容易になります。マルチプレクサー対応型のご相談にも対応いたします。

前面扉の接続端子例 (抵抗計測)

前面扉の接続端子例 (高電圧計測)

高電圧印加試験に対応

最大4000 DCVを試料に印加することが可能です。恒温槽及び試料固定冶具の最適な設計により、高温時の異常放電を減少させることに成功しました。セラミックスコンデンサー、インダクターの性能評価や加速試験、強誘電体や圧電体測定装置と組み合わせることで、高温時の性能評価が可能です。

NT-1600ベース 二酸化炭素使用 保護カバー付き高電圧対応型

槽内の低振動化を実現

±25mG(縦方向の加速度)、±15μm(変位)の低振動環境を達成しました。各種センサー用の環境試験器として、試料の高精度な評価が可能になります。

恒温槽内に設置した振動計の計測値(加速度)

恒温槽内に設置した振動計の計測値(変位)

※恒温槽内への試料固定治具の配置等により、これらの数値は変動いたします。

標準機種一覧

形式 温度範囲 内寸法
W×H×D
外寸法
W×H×D
電源
NT-1000 -70℃ ~ +300℃ 250×200×200 730×350×400 AC100V 1.0KVA
NT-1100 -70℃ ~ +150℃ 250×200×200 730×350×400 AC100V 1.0KVA
NT-1400 -70℃ ~ +300℃ 400×300×300 1025×550×575 AC100V 1.5KVA
NT-1500 -70℃ ~ +150℃ 400×300×300 1025×550×575 AC100V 1.5KVA
NT-1600 -70℃ ~ +400℃ 400×300×300 1100×600×600 AC100V 2.0KVA
NT-1600H -70℃ ~ +600℃ 400×300×300 1100×600×600 AC200V 3.5KVA (三相)
NT-1900 -50℃ ~ +150℃ 100×120×115 160×200×350 AC100V 0.5KVA
NT-2000 -190℃ ~ +500℃ 180×150×150 430×430×650 AC100V 2.0KVA
NT-2100 -70℃ ~ +500℃ 180×150×150 430×430×650 AC100V 2.0KVA

標準仕様・性能

型式 NT1000シリーズ NT-2000シリーズ
試験温度範囲 形式により、温度範囲が異なります。詳しくは標準機種一覧表をご確認下さい。
温度調整精度 ±0.1℃
温度分布 ±2℃(+100℃) ±3℃(+150℃)
±6℃(+300℃) ±8℃(+400℃)
±1℃(+50℃) ±2℃(+100℃) ±3℃(+150℃)
±6℃(+300℃) ±8℃(+400℃) ±10℃(+500℃)
温度上昇時間 +150℃まで約20分 +300℃まで約40分
+400℃まで約60分
+300℃まで約40分 +400℃まで約60分
+500℃まで約90分
温度下降時間 -70℃まで約10分 -70℃まで約10分(+25℃から)
-190℃まで約45分(+25℃から)
冷却方式 液体炭酸(LCO2)式 -70℃~+600℃ 液体炭酸(LCO2) -70℃~+500℃
液体窒素(LN2) -190℃~+500℃
冷却器 電磁弁 冷却ノズル
加熱方式 ヒーター SSR零クロス制御
加熱器 ニクロム又はカンタル線ヒーター
温度調節計 デジタルPID温度指示調節計
温度検出器 K型熱電対又はPT100Ω測温抵抗体
攪袢装置 電動機ファン
断熱材 耐熱ボード
内槽材質 ステンレス鋼板製
外装材質 ボンデ鋼板焼付け塗装
塗装色(標準) 本体:ライトブルー 扉/パネル:アーバンホワイト 本体/パネル/トレー:ライトブルー
安全装置 温度加熱防止器 漏電ブレーカー サーキットプロテクター

特徴

  • 低価格
  • 低温から高温まで幅広い温度に対応
    ・低温(最低:-190℃)から高温(最高:600℃)まで試料を取り出さずに連続で温度制御可能
  • 早い温度調整
  • 高いカスタマイズ性
    ・装置(槽内)は定型サイズでの販売が基本ですが、お客様のご要望に合わせたカスタマイズも可能
    ・試料固定冶具・接続口等についてもお客様のご要望に応じたご提案・カスタマイズが可能
  • テストトレー方式による高いユーザー自由度
    ・熱電対等のセンサー類、4000DCVまでの高電圧印加などの組込みが可能
    ・LCRの測定や高電圧測定など、目的に合わせてテストトレーを交換することで、一台の恒温槽で多目的な使用が可能
  • 槽内の低振動環境を実現(オプション)
  • 非線形材料の性能計測環境を構築可能
    ・ラジアントテクノロジー社製のテスターと組み合わせることで、槽内の温度を恒温槽ではなく、テスターで制御しながらヒステリシスの測定などが可能
    ・LCRメーターと組み合わせ、共振・反共振計測が可能
  • 選べる通信形式
    ・RS-232C、RS-485、GPIB、LAN等の通信形式が選択可能
  • 異常発生時の外部発信にも対応(オプション)

用途を選ばない、様々なシーンに応える恒温槽の新基準

革新的な機能のオールインワンにより従来の課題を解決

高温度範囲: -190℃~600℃
高電圧対応: ~±4000DCV
振動低減設計: ±25mG、±15μm

このマルチファンクション恒温槽は、従来の恒温槽では対応が難しいとされていた、低温から高温までの広温度域をカバーし、試料への高電圧印加、槽内の低振動化といった特徴的な機能と、お客様のご要望に合わせた試料固定治具の提案が可能な他に類を見ない恒温槽です。

20年以上の長い歴史を持つ日本テスコ社のノウハウと技術で、お客様の「こんなことがしたい!」を形にいたします。恒温槽でお悩みの場合はお気軽にご相談ください。

恒温槽の機能・仕様やカスタマイズに関するご相談、お見積り、お問い合わせは、下記にお寄せください。担当よりご連絡させていただきます。

ご不明な点がございましたら、弊社までご連絡ください